Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

昨日のいろいろ

とりあえず新しくできたらしいカードショップにいってきた
スタンの構築のトーナメントとスイスドローを1回ずつしたからまずレポ

一回目
8人トナメ

一回戦 ○○
対 グリクシスビート

一本目
 否定の壁/Wall of Denial はって除去まきながらマナ伸ばして 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind 出して殴りぬく。軽くゲームセット

相手がサイドなかったのであわせてここでのサイドチェンジはなし

二本目
 テレミンの演技/Telemin Performance でいきなり5マナ帯で 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind を奪われる。しかし 否定の壁/Wall of Denial を三枚はれたのでひたすら耐えつつマナ伸ばして プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalker を出して土地を削る。
 気がついたらニコルさんの忠誠度が20で相手の場のパーマネントが七枚。ぶっぱしたら即サレもらいました。

ちなみに
Telemin Performance / テレミンの演技 (3)(青)(青)
ソーサリー
対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーを一番上から、クリーチャー・カードが公開されるまで公開し続ける。そのプレイヤーは、これにより公開されたクリーチャーでないすべてのカードを自分の墓地に置き、その後、そのクリーチャー・カードをあなたのコントロール下で場に出す。

 除去かなりおとされて泣いたわw



二回戦 ××
対 トースト

一戦目
 壁カードや除去が全て腐りまくる
 相手のフィニッシャーにはPtE余裕でしたってかんじだったけどあらゆるカードの質が違いすぎて押し負ける。特に ジェイス・ベレレン/Jace Beleren と 謎めいた命令/Cryptic Command がかなりあほ。
 
 このへんで西が 否認/Negate と白ヴィヴィランをもって到着したけど少し遅かったw
 サイドチェンジは 否認/Negate と 対抗突風/Countersquall を追加してPtE以外のクリーチャー除去を全抜き。入れ替え枚数が足りなかったので 否定の壁/Wall of Denial が抜けなかったのがサイドの弱さの現れだな。

二戦目
 エスパーの魔除け/Esper Charm や 急使の薬包/Courier's Capsule で引きまくってアド差をつけるものの 否認/Negate の枚数が足りずに 残酷な根本原理/Cruel Ultimatum ぶっぱを通して負け。
 青マナをあとひとつ残すプレイングが出来ていれば 取り消し/Cancel 打って勝ってたけどそもそも根本的に土地の枚数が足りてなかったのでもう一枚土地を引けるデッキ構成にしてなかった自分にもかなり非があった感が否めない。安定要因として 急使の薬包/Courier's Capsule や 思案/Ponder の枚数を増やしていれば、もう一枚土地を引けてた可能性は十分あるからね。それになによりその前のターンで ジェイス・ベレレン/Jace Beleren に 対抗突風/Countersquall を1枚使ってるんだよね。アドで圧倒的に押してたからとめれば勝ちだと思い込んだけどぜんぜん甘かった。

三回戦 ×○○
対 ドラン

一本目
 事故負け余裕でした^q^

サイドチェンジは 霊魂放逐/Remove Soul を追加。クソハンとニコルさんを抜いていく。

二本目
 否定の壁/Wall of Denial はって除去まきながらマナ伸ばして 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind 出して四回殴ってゲームセット。

サイドチェンジはなし

三本目
 否定の壁/Wall of Denial はって除去まきながらマナ伸ばして 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind 出して四回殴ってゲームセット。

 こぴぺすぎるwww
 まあデッキの理想の流れがそれだから仕方ないよねw

  スイスの前にヴィヴィランの色を変えたりクソハン含む使えなかったカードを抜いて 否認/Negate を足したりした。とりあえずクソハンはマナを使いすぎるからいらねえ。 アラーラのオベリスク/Obelisk of Alara を入れて試したかったけどスペースなかったので保留。



二回目
8人スイス

一回戦 ×○×
対 白黒トークンズ

一本目
 相手が異常なぐらいぶんぶんまわる引きして負け。+5/+5トークンが三体とかなんぞwww

 サイドチェンジはサイドがほとんど白黒だけを意識していたので大量の対策を突っ込む。

二本目
 全除去や打ち消し呪文を良い感じで刺していきながらマナを伸ばして 鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind のサーチから決めにいこうかと思ったら 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler にしばられる。しかし エスパーの魔除け/Esper Charm 二連打と 急使の薬包/Courier's Capsule のアドが効いてアド勝ち。全除去強いです。

 正直全除去をもっとたしたかったけどそこはサイドの構築ミス

三本目
 けっこう良い勝負だったけどこっちの 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler を平気で抜けてデッキトップの 黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane が出てきて負け。マナ的に 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler でしばるか 取り消し/Cancel を構えるかどっちってかんじの選択肢だったから、相手の手が二枚だったし 聖域のガーゴイル/Sanctum Gargoyle を握ってたから、もししばるカードがなくてもチャンプ要員になるってことで 潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler を選んだけど 取り消し/Cancel かまえるのが正解だったらしい。プレミスひどすぎ。
 ワンマリのせいで一枚遅れをとって 否認/Negate を引くのが1ターン遅れたり、せっかく的が出てきたのにサイドから三枚いれてた 啓蒙/Demystify を引けなかったのも痛かった。でもそれこそ安定要因として 急使の薬包/Courier's Capsule や 思案/Ponder の枚数を増やしていれば、 啓蒙/Demystify を引けたかもしれないしワンマリする必要もなかったかもしれないわけで、やっぱり構築ミスが響きまくってる感があった。

二回戦 ○○
対 ジャンドビート

一本目
 焼け精神のオーガ/Singe-Mind Ogre でニコルさんをめくられて八点ダメージくらったのには吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 まあビート相手には 否定の壁/Wall of Denial 引けば負けないです。ライフ残り1点まで削られたけど打ち消し系をかなり構えてたから一応安定勝利?w

 サイドチェンジは重いカード抜いて ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender を追加。正直普通にアドとりながら殴り合えば勝てるような気がしたからそうした。

二本目
 実際そうだった。否定の壁の抑止力が次元ちげえw

三回戦 ××
対エルフ(?)

一本目
 壁カードを一枚も引けずに除去が追いつかずのんびり事故負け。

 サイドチェンジ ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender を4枚投下。

二本目
 壁も ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender も一枚も引けずに除去が追いつかずのんびり事故負け。合計12枚なんだけどなーw



 結論としては、事故が多いし対策カードを引けないから、やっぱり安定要因を追加すべき。あとは白黒対策に全体除去の枚数をサイドに追加しまくろうと思った。正直一時しのぎでもなんでもなく、軽い全体除去はもっとも効果的な対策だわ。1:2以上交換を繰り返して負ける理由なんてないし、危険なエンチャントは 啓蒙/Demystify で潰していけば良い。問題はプレインズウォーカーだけど、黒緑とかと違って万能パーマネント除去がないからどうしようもないかな・・・・・・・・・殴れれば・・・・・・・・・いいなあ・・・・・・・・・・・・w
  アラーラのオベリスク/Obelisk of Alara をいれたらどういう働きをするかが今一番気になってるかな。あとは安定要因入れた後の壁と除去の兼ね合いにも注目したい。採用ピン除去に 終止/Terminate あたりをいれるかどうかってところも考えたいな。
 事故でエルフ(?)とのマッチ落としたのは正直どうでもいい。あれは構築のせいじゃなく正直引きがあまりにも悪すぎた。その日の引きの悪さが全部回ってきた感じがあった。せめて一戦に偏ってくれればあとの二戦で普通の引きすりゃ余裕だったんだろうけど・・・まあそれはどうでもいいけどトーストと白黒に負けたのがかなりショックだった。決して二点火力のことではない。それはおいといて、あの二戦だけは相手のプレイングがすごく上手だったから、自分のプレミスがなによりも目立ったのが精神的につらかった。デッキもプレイングも劣ってたら、引き運で少し勝ってても負けるわなあ。何よりメインもサイドも白黒意識に満ち溢れてるから、それで負けたってのがなんか・・・ねえ?対策カードの採用を間違ってるってのが痛かったんだろうなあ

 総括すると、なによりも経験が足りない。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

モリンフェン

Author:モリンフェン
こんばんわ
宮崎在住のへぼデュエリスト
モリンフェンです。連絡先はsyousetukaaonisai@yahoo.co.jpまでどうぞ。
サイドデッキには必ずモリンフェンをいれます
っていうかサイドデッキは14枚だあああああ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。