Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

SKB48

<Super Kor Beats 48>
 高いカードパワーを持つコー・クリーチャー達でビートしまくるデッキ
 48ターンたてば確実に相手を殺せることから48


<メインボード>
2《活発な野生林/Stirring Wildwood(WWK)》
4《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove(M10)》
2《乾燥台地/Arid Mesa(ZEN)》
2《湿地の干潟/Marsh Flats(ZEN)》
3《霧深い雨林/Misty Rainforest(ZEN)》
1《進化する荒野/Evolving Wilds(ROE)》
1《地盤の際/Tectonic Edge(WWK)》
1《セジーリのステップ/Sejiri Steppe(WWK)》
4《平地/Plains(ROE)》
4《森/Forest(ROE)》

4《エメリアの天使/Emeria Angel(ZEN)》
3《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos(ALA)》
4《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary(CON)》
4《石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic(WWK)》
3《帆凧の弟子/Kitesail Apprentice(WWK)》
1《コーの決闘者/Kor Duelist(ZEN)》
4《貴族の教主/Noble Hierarch(CON)》
2《極楽鳥/Birds of Paradise(M10)》

3《流刑への道/Path to Exile(CON)》
2《忘却の輪/Oblivion Ring(ALA)》
1《ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge(ARB)》
1《信頼おける山刀/Trusty Machete(ZEN)》
1《冒険者の装具/Adventuring Gear(ZEN)》
1《卓越の印章/Sigil of Distinction(ALA)》

1《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker(M10)》
1《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant(ALA)》

<サイドボード>
3《コーの奉納者/Kor Sanctifiers(ZEN)》
4《コーの火歩き/Kor Firewalker(WWK)》
1《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker(M10)》
2《天界の粛清/Celestial Purge(M10)》
2《審判の日/Day of Judgment(ZEN)》
2《真髄の針/Pithing Needle(M10)》
1《忘却の輪/Oblivion Ring(ALA)》


2T目の行動が大事とか都市伝説じゃね?ってことになって
Out
メイン
2《コーの決闘者/Kor Duelist(ZEN)》
1《骨の鋸/Bone Saw(CON)》
In
メイン
3《流刑への道/Path to Exile(CON)》
そのあと、序盤を大事にしないなら賛美よりアドバンテージ源っつーことで
Out
サイド
3《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage(ARB)》
In
サイド
3《コーの奉納者/Kor Sanctifiers(ZEN)》
みたいな変化をして上みたいな形になった
活目すべきはコー・クリーチャーの増量

装備品つけたい1マナクリーチャー達はどちらかというと1ターン目にプレイするものではなくて、中盤以降に大きくなって殴って除去を釣るかハードパンチをするかという感じ。《流刑への道/Path to Exile(CON)》採用でだるめの生物への耐性を少しでも高めることでデッキ的にゲームの中で重視すべきターン場所を中盤以降にずらして応用力を上げたイメージを持ってくれればうれしい。
《骨の鋸/Bone Saw(CON)》みたいなとがったカードを採用すると、どうしても2T目のアタックや呪文・土地のプレイにゲームの重さを強く置かなければならないので、キープ基準もきつくなりがち。いうても今のスタンで青白TOやトリコPWCにワンチャンス見出そうとしたら極端な構成にせざるをえないだろうね。後手なら3Tまでに10点は削らないと勝てないから、キープ基準もクソみたいなことになりそう。あー身内メタって大事や。
バントにはまあまず勝てる。相手の悪斬よりこっちのハンマーついた弟子のほうが大きかったりするし、徴兵にびくびくする必要もほとんどない。ワンチャンス徴兵ついたやつを《卓越の印章/Sigil of Distinction(ALA)》とか並んだエメ天と鳥トークンで戦闘破壊するまであるし、バントはこっちの動きに干渉してこないから装備品を一点集中して怪獣つくって殴れば勝手に死んでくれる。トランプル+二段攻撃強い。《卓越の印章/Sigil of Distinction(ALA)》がとても良い子。
ジャンドは五分から微不利だと思う。蔦とかムルダヤとかはいってるやつとは、まあやれんこともないかなぐらい。フィニッシャー一枚通せば勝つからパワーカードばっか引けばなんとかなるかも。ジャンドを強く意識するならサイドに《ビヒモスの大鎚/Behemoth Sledge(ARB)》いれといてサイド後は枚数増やしたりしたいかな。あとはまあエメ天10枚ぐらいいれたい。
変な地雷は知らん。9割は釣りだろ



このデッキもその9割のなかの一つなんですけどね^q^
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

モリンフェン

Author:モリンフェン
こんばんわ
宮崎在住のへぼデュエリスト
モリンフェンです。連絡先はsyousetukaaonisai@yahoo.co.jpまでどうぞ。
サイドデッキには必ずモリンフェンをいれます
っていうかサイドデッキは14枚だあああああ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。